>

外壁などのリフォーム

屋根周り

屋根周りも、永久というわけにもいきません。
築10年から15年も経つと、専門の業者に見ていただいたほうがよいでしょう。

下からだと分かりづらいですが、瓦屋根だと瓦がずれていたり、金属やスレート屋根だとヒビや穴から苔が生えていたりするそうです。
色にばらつきが見られ、表面の劣化を確認できることもあるようです。
そうなると、雨漏りや、すでに天井部に湿気が溜まっている危険性があります。

また、屋根周りにある樋は、ひび割れていたり壊れたりしたら、すぐに交換しましょう。
放っておくと、思わぬところに水が回ったりしかねません。

一般的には屋根周りの目安として、塗装なら10年ごと、20年経てば葺き替えを検討したほうがよさそうです。

外壁と塗装

毎日、日差しや風雨にさらされている外壁も、いずれリフォームが必要になっていきます。
築10年から15年で、ひび割れや色褪せが目立ってくるようです。
ひび割れは、割れたところが裂け開かれるまでいかなくとも、チョーキングと呼ばれる、線を引いたかのような状態でも、強度の面で注意が必要です。
目立ってきたら、塗装し直しのサインかもしれません。

外壁のひび割れは湿気だけでなく、白蟻が入ってくる心配があります。
白蟻には、防蟻リフォームが有効です。

屋根にしろ外壁にしろ、高い位置でのリフォームでは、足場を組むことになります。
足場を組む工事は大きな出費となるので、一度にまとめられるような工事が複数あれば、まとめて発注してしまったほうが効率的でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る